加納明美さんのヴィオラコンサート(ピアノは服部響子さん)

今日は疲れは完全に回復しましたので、練習はしたのですが、その前に加納明美さんのヴィオラコンサートを拝聴してまいりました。

ヴィオラが加納明美さん、ピアノが服部響子さんという地元の芸大を卒業されて活躍されている女性お二人とクラリネットの工藤雄司さんという方を含めてトリオとして活動されているようです。

今回はピアニストの服部響子さんの腕や指の動きもよく見える席で、その素早く洗練された動きに圧倒されてしまいました。ピアニストってやっぱりすごいと思います。

加納明美さんは日本女性としてはふつう身長という感じでしたので、やっぱりヴィオラってちょっと大きいんですねということが感じられました。左手の指の動きもさることながら、女性ヴィオリストなのでドレスは胸のあたりまでですので、肩の筋肉の動きとかよく見えたりするのですが、いろいろ右手や右腕の微妙な動きを支えてぴくぴく動いているのがわかりました。(どう動いているのかはよくわかりません。)

アンコールでは、日本唱歌の「赤とんぼ」だったのですが、なんだか美しいピアノの伴奏に支えられたヴィオラのやわかい音色に心打たれて、涙がつつーっと流れてしまいました。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)