横浜帰りの深夜バイオリンで脚が疲れる?

金曜日はしごとで新幹線で横浜へ日帰りして、その夜日付変わって深夜バイオリンに突入していました。
この日地元の夜はあまり寒くなく、気分はけっこうアガッておりましたので、練習の場へは歩いて移動、元気いっぱいでした。

午前3時くらいまで練習いたしまして、またまた徒歩で帰宅。
それから大人バイオリンブロガーのみなさまのブログをちょこっと拝見して眠りについたのですが...

朝起きてレッスンに向かいまして、最寄りの地下鉄駅の階段で地上にあがろうとしたとき、けっこう脚(のふともものあたりとか)が疲れていることに気づきました。

肩とか腕はふつうに疲れている感じで少し重いかなという程度なのですが、脚がやたら疲れておりました。バイオリンも立って演奏しているので、やっぱり脚は疲れますね。このとき、特に疲れていたのは横浜で最寄りの駅から目的地までかっこう歩いたせいもあるかもしれません。

バイオリンも脚とか腰とか体幹とか大事ですよねー。とつくづく思ったりしました。あと肩とか。

レッスンが終わった後も少し教室をお借りして、ご指摘いただいた拍の問題とかを再確認しておりました。午後3時からは歯医者さんでクリーニングの予約が入っておりましたので、最近はバイオリンもったまま歯医者さんに寄っています。気を使っていただいてバイオリンの調子など話題にしていただくのですが、まだぜんぜんなんですとかお話したり。先生は昔ギターはされていたとのことで、興味は少しおもちのようですので、ぜひ先生もいかがですか?とおすすめしてみたり。

そのあとはカラオケのお店に行って夕方のお友達との焼肉屋さん行くまでの時間の間、ちょっと練習したりしていました。練習のときですが、朝明ける前の深夜での練習ではチューナーのメトロノームは使っていなかったのですが、このときはメトロノームを使って拍に注意したりしました。拍はメトロノームがサポートしてくれますが、音色の面ではちょっと音のイメージといいますか、全体の雰囲気のイメージをあたまといいますかこころの中でしっかり持っているとは言いがたいので、お手本演奏をもう少しじっくり聞きながら練習しないといけないなと思うこのごろですので、少しその環境をこの休日で整えてみたいと思っております。
関連記事

コメント

No title

お仕事もお忙しそうなのに、沢山練習していらっしゃるのですね。
素晴らしいです!

ヴァイオリンを持つときの姿勢自体が、普段とることのない姿勢なので、体のいろいろなところに負担がかかるのでしょうね。
体もたいせつに、ヴァイオリンを楽しみたいですね!(*^^*)

Re: No title

momoさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。よくないとは思っているのですが、いまのところ休日に集中してしまいますね。休日は多少強引にでもやらないと、あっ(れっ!?)というまに一か月はすぐたってしまって、レッスンも行くのがなんだか悪いような気後れするような状況ということもおきてきますので、なんとも微妙なところです。
momoさんも無理はせずいまあるがままの生活環境の中で持続可能な練習を楽しんでいってくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する