FC2ブログ

フルート発表会でピアノ演奏

そして、またまただいぶ前のお話、PTNA(ピティナ)のステップ(フリーステップ)に初参加した後のおよそ1週間後、フルートの先生のご厚意で、フルート発表会でピアノ演奏させていただいたりしておりました。

前回のフルート発表会ではバイオリン演奏もさせていただいたり。ただ、手持ち楽器フルートとバイオリンを2つ会場に持ち込むと、いろいろ精神的にたいへんだったのですが、ピアノは基本的に?手ブラなのでだいぶ楽でした。

ただ、ピアノはマイ楽器ではないので、どんなタッチなのか弾いてみないとわからないという面がございます。PTNA(ピティナ)のときはスタンウェイという超有名メーカーのグランドピアノでしたが、今回は弾きなれたヤマハさんのミニグランド。

本番の前にちらっと練習弾きさせていただけるチャンスはあったのですが、いざ本番となりますと、ちょっと会場のライトが暗くなった状態で鍵盤だけライトアップされている状況が初めてで、意外ととまどってしまいました。

フルートの伴奏をしていただいた音大の方がとても素晴らしい演奏をされてて、ほんと素晴らしかったです。ので、言い訳にはならないのですが、やっぱり場数の違いというのはあるので、引き続き自分なり、低レベルなりのオプティマルパフォーマンスを目指していきたい。

「オプティマルパフォーマンス」ってなに?って方は↓こちらもご覧いただければと存じます。
低レベルなりの「オプティマルパフォーマンス」だったのだろうか?先日のピアノ発表会の反省

私の主観では今回の発表会はかなりサブオプティマルパフォーマンス

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する