昨日は浜松いったので新幹線駅内のShigeru KAWAIで一曲弾いてみた

浜松駅に降りて新幹線ホームからエスカレータで改札口に向かう通路に降りたところ、先月までShigeru KAWAIが置いてあったブールに工事のおじさんやおにいさんが立っていて、何にも置いていない現状復帰状態となっている様子が目に飛び込んできました。

ああっー、やっぱりShigeru KAWAIなくなっちゃったかーと落胆しながら、反対側のブールに目をやると中央にグランドピアノがおいてあるので、こんどはヤマハさんが置いたのかなと思ったのもつかの間、そのグランドピアノはShigeru KAWAIでした。

ちょっと安心しました。元カワイさんブールで工事をしているおじさんやおにいさんの目の前で弾き始める度胸はなく、とりあえず帰りに弾こうということで、新幹線改札口を後にしたのでした。

ちょうどよい感じで酔っ払っていた午後8時ごろ、再び浜松駅の新幹線駅に戻ってきました。帰りのこだまの発車時刻まで10分くらいありましたので、さらっとShigeru KAWAIを弾いてみることに。

ベートーヴェンのエリーゼのためには基本的に暗譜はできているみたいで最後までいちおう通して弾けましたが、酔っ払っているせいか運指がよたってしまうところがあって、そのあたりを弾き直しているうちになんだか人の流れの気配を感じたり。

発表会のときのようにどきどきはせず、人の目(や耳)はまったく意に介さず、演奏に集中できていたようです。よかったよかった。

ホームにあがったら、乗車予定のこだまを乗り過ごしてしまっていました。もう一度展示ブースに戻る時間もなくはなかったのですが、また乗り過ごしてもなんですので、ホームの椅子に座って、ブースに置いてあったカワイさんの新製品らしいハイブリッドピアノのカタログをしげしげと見ておりました。

グランドピアノのハンマーアクションで1機種だけのようで、定価が90万円。ヤマハのハイブリッドのグランドピアノのハンマータイプのN1より高くてN2よりちょっと安いという感じ。筐体はN3Xのようなグランドピアノの袖長さをローランドのグランドピアノっぽい電子ピアノくらいまで短くしたのとは異なり、N1/N2と同じような四角っぽいスタイルのほうです。

電子機器はオンキョーさんと提携して実装しているようです。90万円の電子楽器はなかなかハードル高いです。ハンマーアクションは限りなくグランドピアノに近い工芸品的要素があるので、ここまで高くなってしまうかとは思いますが、弦がなくて90万円は超高いです。




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する