おうちバイオリンやや復活

前回はまさかの頭痛薬切れでレッスンお休みさせていただいた翌日は、先生の演奏会に音大ソルフェージュのレッスンの後に出席。バイオリンのほか、ピアノソロやフルート、ソプラノソロの発表もあって、とっても楽しい演奏会でした。そして迎えた今回のレッスン。

やはり月曜から金曜までの疲労がいっきにでる感の土曜の朝でしたが、前回の反省を踏まえて頭痛薬は2箱買っておいて1箱になったら2箱目を補充とする運用に。

朝起きたときは若干やっぱり頭痛っぽかったのですが、自力でレッスン時間まで治らないとつらいので、念のためお薬をいただきレッスン出発時間には完治いたしておりました。

そして迎えたひさしぶりのレッスン。この日はアンサンブルサークルの課題曲を中心に見ていただきました。小節全体が休符ということもおおいパート譜を見ながらよちよちと先生の前で演奏。

次回はもう一曲の課題曲を見てもらうこととしました。

今日はまたまたひさしぶりにヤマハのサイレントバイオリンを調弦して弾いてみることに。サイレントバイオリンを弾くのはかなりのひさしぶりのため、アコースティックバイオリンの響きと大きく異なる(電子音でないほうの弦の)実音に戸惑いながらも、弾きなれた曲を弾いてみました。

なんとか弾けそうなことを確認。明日以降の深夜でも弾けるかどうかはちょっと心配ですが、電子ピアノと同じように楽譜は常に出ている状態としたいので、譜面立ては出しっぱなしにして、少し弾きやすい曲の楽譜を開いておくこととしました。

KAWAIスコアメーカーでスコアを自動再生しながら弾いてみようと思ったのですが、自パートの音形に不慣れなため、スコアが流れていってしまうスピードにぜんぜんついていけませんでした。

おたまの大きさ的には問題ないので、この環境でちょっと追求してみます。ヘッドホンで再生音を聞いていても、サイレントバイオリンの(電子音でないほうの弦の)実音は聞こえなくもないので、このお手軽環境で深夜の練習に挑みます。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する