2月はあっという間に過ぎて3月も後半へ

フルートの発表会のことの顛末を書く間もなく2月はあっという間に過ぎて3月も後半となってしまいました。

フルートの発表会ではまだ十分に音を出せない状態での出演となりましたので、お客様の前ではなかなかかっこわるい状態でしたが、どんな感じで音がでているか(でていないか)はわりと冷静に聴きながら吹けたのが、厚顔無恥化プロジェクトの効用か?

実際に参加してみるまで具体的なイメージがなかったのですが、ピアノ発表会にバイオリンで参加するのとちがって、楽器を2つ持って行ってリハに参加しなければならない点が、初めての会場で不慣れなせいもあって、本番前のリハでのどたばたが瞬間的なストレスマックス状態となったりしました。

しかし、フルートの本番も終わって、バイオリンの本番が近づいてくるころには気持ちも落ち着いて、バイオリンの方はかなり冷静に演奏することができました。これも厚顔無恥化計画のたまもので、実力以上に弾けたわけではありませんが、へんな動揺や緊張で著しく実力以下となることもなくてよかったです。

本年の厚顔無恥化プロジェクトの次のフェーズは4月のピアノ発表会に向かっています。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する