ヴァーカルの年始のレッスン始め

ヴァーカルの年始のレッスン始めは1月中旬ころとなりました。気づけばヴォーカル教室の門をたたいた(体験レッスン申し込みが2014年の年末でしたので、ヴォーカルのレッスンを受け始めてまる2年が経ち、3年目を迎えていただのでした。

もともとはソルフェージュが目的だったのですが、いまも前半はソルフェージュ的なレッスンはしていただいてはいるのですが、ポップスや演歌の歌唱レッスンも本来のレッスンコースの目的でありますので、これはこれで楽しいです。

いろいろ譜面をみながら歌うとうことを行ってみますと、カラオケで耳から覚えただけで歌っている状態が、かんりテキトウであることを思い知らされました。

歌の方は音程正解率とか基礎的なところはまだまだですが、周囲の受け止めようとしてはうまい方の口に入っているような気もしなくもないです。先生にダメ出しされていると、うまい方だと実は思っていたりすると笑われてしまいますね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する