その日は容赦なくやってくる(きました)

ピアノの発表会みたいな場で、ピアノの演奏がおわった後に先生の伴奏でバイオリンを弾く、わたしにとってはかなりの一大事のその日は情け容赦なくやってまいりました。ヴォーカルの発表会の顛末も書ききれないまま、その日はやってきました。

例によって(?)前日は午前様まで会社の事務所で仕事になっておりましたので、翌朝は例によって(?)少し頭痛が。

それでも会場はかなり近所で、朝も早く起きれたので、出かける前にベランダでミュートつけながら少しバイオリン弾くことができました。それだけでもカンがだいぶ回復して一安心。エレピでも少し弾いておくことができました。

そして先生のピアノ伴奏と最終リハとして合わせていただくため会場時間朝いちばんで足を運んでまいりました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する