サイレントバイオリンってかなりうるさい

と思っていたのですが、アコバイオリンを弾き始めてみると
サイレントバイオリンの擦弦音なんて蚊の鳴いているようなもんとも思えるようになってきました。

耳の鳴れというものは恐ろしいもんで、けっこううるさく聞こえていた音でも
こうも小さく聞こえるようになるもんかと正直びっくりです。

これならおとなりさんへも迷惑ではないかもとか楽観的な考えがよぎってきます。

というわけで、
ヤマハのサイレントバイオリンSV-150というやつなのですが、自宅でちょっと使う気になってきました。


サイレントバイオリンも衝動買いしてからほぼ4ヶ月、数回弾いてみただけで、放置されていましたが最近ようやく弾いてみる気になってきました。

サイレントバイオリンの擦弦音を消音するために、金属製ニュートとかわざわざ買ってみたりしていたのですが、聞いた感じあんまり変わらず、これでは自宅の深夜では使えんとか思い込んでいたわけです。
   

そして超ひさしぶりに調弦などやってみたのですが、G線がぶるんぶるんとかなりゆるい感じになっているので、ペグというやつをぐいっとまわしてみたら、ぴしっとかいって弦が切れてしまいました。

ドイツ製中古アコバイオリンに比べるとほとんど手に取られることもなく、ひっそりとアコバイオリン付属のケースの中で眠っているだけだったサイレントバイオリンの弦が最初に切れるとは。(というか誤操作で切ってしまったでしょ。)

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)