ピアノのミニ発表会で私のバイオリンに合わせて先生がピアノ合わせてくれるみたい のその後∧3

先日(前々回)のピアノの先生のレッスンでは、ピアノの課題自体は少しづつの進歩がみられて、バイオリンのことをお話してもよかったのですが、バイオリンの出し物自体の出来に大きく自信を失ってしまっていましたので、やっぱり言い出せずじまいでしたの続きです。その回の後のレッスンは先日やってきました。

ピアノの先生のそのレッスンの前ではバイオリンの先生にいつものレッスンしていただいていました。この週も例によってさほどの練習時間はとれていなかったのですが、通院した後のバイオリンレッスンまでの間、ちょっと時間があったので課題曲の譜面をじっと眺めてみたのでした。

なんだかピアノ楽譜のが見やすい症候群に見舞われていましたので、それを克服すべくバイオリンパート譜をじっと見つめて、いろいろ先生が書き込んでくれた注意事項をよく思い起こしてみました。

そんなイメトレの後にバイオリンレッスンにのぞみましたら、けっこう自分のイメージどおりに弾けたような感じがございました。(あくまで超ロウレベルでのお話)

レッスンの後は教室のグランドピアノもお借りして少し指馴らししてから、ピアノの先生のもとへ。バイオリンのもっかの課題曲は少し弾けるような気がしておりましたので、ソルフェージュの新曲視唱の後に、思い切ってバイオリンのことを先生に切り出してみたいのでした。

結果は思いっきりオッケーで、ミニ発表会の中で先生にピアノ伴奏していただけることになりました。

そしてピアノの課題曲を先生の前で弾く時間に。こんな余裕かましている場合ではないかもしれないんですがと前置きして弾き恥じましたところ、思いっきり崩れてしまっていたのでした。言ってしまっておいて、よかった。この後では到底言い出せない状況になっていたのですが、後の祭りでよかったです。(あとおよそ1か月で発表会です。)



関連記事

コメント

おはようございます♪

発表会でヴァイオリンも弾けることになって、よかったですね!
ピアノとヴァイオリンの二刀流、かっこいいです。
続報も楽しみにしております♪

Re: おはようございます♪

momoさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!バイオリンの先生にあわせてピアノ弾いてみたり、ピアノの先生の伴奏でバイオリン弾かせていただいたりと、わたしの中ではとっても驚きの体験で、大昔にピアノを習っていたころよりだいぶ音楽の世界は広がったような気はいたします。ほんと両方じょうずだったらあまり心配はしないのですが、つたないなりになにかを表現できたらいいなとも思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する