フルート的中音域のG5~D6をキレイに出せるようにしないといけない のその後

ヴォーカルではファルセットの高音歌唱の禁止令が出ているのに対して、こちらはフルート的中音域の高音G5~D6をキレイに出せるようにしなければならないの、その後です。昨今はフルートを衝動買いしてからはやうんか月、バイオリンを衝動買いしてからきらきら星とっかがまがりなりにも音出しできるようになったリードタイム(?)に比べてかなり遅れている感じとなってきました。

バイオリンは深夜でもサイレントバイオリンでなんとか挽回できなくもないので(厳密な方々には怒られてしまうかもしれませんが)、土日でカラオケボックスに入れるときは優先的にフルートを吹くようにしておりました。

先日の日曜では、なんだか自分史上の中ではだいぶフルートに慣れてきて、中音域も出るようになってきた感もつかめてきました。

以前は吹こうとしたとき、はたして音がでるのだろうか?的な一抹の不安が常にあったのですが、これは低音すらでなくて、ふーっとむなしく吐息が空振りする的な現象で、フルート初心者としてもわたしだけなのか一般に初心者はそうなのかはわからないのですが、先生の前では非常にあせったりして自ら自滅していくというパターンがあったわけです。

この不安感がジョジョにやわらいでいくのを感じます。テキトウに吹いてはいけないのですが(楽音的に)、あまり考えずぱっともってふーと吹けばすくなくとも低音はふつうに響いて鳴るという場合と、中音域っぽい音も少し呼気を早めると鳴っているかも感が出てまいりました。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する