ピアノのミニ発表会で私のバイオリンに合わせて先生がピアノ合わせてくれるみたい

先日のピアノの発表会の後の打ち上げの席で、先生の方から7月のミニ発表会のお知らせがあったのですが、mylifewithviolinさん、バイオリンもアリよと先生がおっしゃっていてこのときは半分ジョークとして聞いていたのです。ところが、先日のレッスンの際に、先生の方からピアノ伴奏してもいいわよとお話いただき、まじなお話であることが判明いたしました。

最近厚顔無恥化が進展しているわたしめ的には、これはもしかしてチャンスかもと思ってしまって、お言葉に甘えてしまうかもしれません。ミニ発表会の会場は地元の大企業の創業者の邸宅を文化施設に改装したところで、庭園を散策に入館してくるお客さんもいるかもしれない環境で演奏する形となるようです。

ちょっと弾ける曲は限定されていて、このときピアノで弾く曲とかぶってしまうかもしれませんが、美しい庭園が外に広がるホールで先生のピアノ伴奏で弾けるのは超ラッキーチャンスなので、お言葉に甘えさせていたただく方向で。

関連記事

コメント

こんばんは

こんばんは。お久しぶりです。
発表会、バイオリンでも参加なさるんですね♪
先生の伴奏で、いいですね(*^^*)

何をお弾きになるのですか?
素敵なチャンス、楽しんでくださいませ!

Re: こんばんは

momoさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
そうですね、チャンスではあるのですが、バイオリンソロを人前で弾くのは今年の12月の予定でしたので、厚顔無恥化プロジェクト上もかなり想定外の状況です。バイオリンとなるとかなりビビります。この気持ちはちょっとおわかりにくいかもしれませんが、超大人ではじめたものとしてはちゃんとバイオリンっぽく鳴るのかどうかがモンダイで、(いまのところ)暗譜をした上で指板と弦と弓の接点をガン見しながら弾かないとかなり厳しいかと。いうことから人前で弾ける曲はかなり限定されます。通りすがりのお客さまへのウケ狙いもありますので、ポピュラー曲からとなると思っております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する