とりあえずひさしぶりに人前でピアノを弾くときのメンタル状態はまあまあでした

バイオリンの先生に背中を押していただいてバイオリン教室からピアノの発表会へと直行いたしました。ぜんぜん余裕で間に合って、前半の部の生徒さんがリハーサルをしているところでした。

自分のリハや本番までの間、しっかり他の生徒さんの演奏を聴くことができて、とっても感動してしまいました。はやくじょうずに弾けるようになりたい!そう思わずにはいられないです。

他の生徒さんの演奏を聴くのに熱中してしまって、わたしの出番は後半の部の最初でしたが、だいぶ落ち着いて弾けた感がありました。完全に独りの練習のときのように冷静ではなく、腕や指の感覚もちょっとなんとも言えない感じで微妙に支配感が乏しいのですが、ミスしてもひきづられず、とまらなずに回復できたりしていたのは及第点でした。

みっちり練習しているわけではありませんので、(ほんとはいけないのかもしれませんが、)本番で多少くずれるのはやむをえなしと想定していて、実際のところくずれたところはありましたが、気持ちよく弾けてよかったです。

シゲル・カワイのグランドピアノの鍵盤は不思議な感じで、バイオリン教室のグランドピアノともだいぶタッチが異なっていました。自分が弾くまでの前は、最後のテーマのフォルテはちょっとはっきり大きくできたらいいなとか想像していたのですが、本番のときは指をうまく加速できずにそれほどはっきりしたフォルテにできなかった感があって、ちょっとそれが残念でした。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する