顔に血がのぼって火照るくらいかと思ったら甘くはないのその後

先日の土曜のバイオリンレッスンはちょっと早目でしたので、通院した後レッスンに直行。ピアノのレッスンまで少し時間がありましたので、バイオリン教室のピアノを少しお借りして練習した後、バイオリン教室の近所のミニステージタイプのカラオケ喫茶に入店いたしました。

ほんとは坂本冬美さんカバーのが歌いたかったのですが、DAM(第一興商さん)には入っていないので、やむなく中村晃子さんのオリジナルバージョンで「虹色の湖」を歌わせていただきました。オリジナル版は最後のリフレインがなくいきなり高く上げないといけないので(冬美さんバージョンは一回リフレインがあって上がるのでしす。)要注意でしたが、気持ちよく歌えました。

この日は心臓はほとんどどきどきせず、歌い終わった後は若干顔に血が上ってちょっとは火照り気味でしたが、前回よりだいぶ落ち着いていたのです。

相席のご夫婦のお客様ともバイオリンのことでいろいろお話できたので、だいぶ場の雰囲気に馴染んできたせいもあるかもしれません。バイオリンの先生とのピアノアンサンブルのときのがだいぶどきどきしていました。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する