スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールユーブンゲンめためた

先日の日曜日は午前中はバイオリンのアンサンブルの練習会で、その後は近所の地元音大へゴーでした。先生には今度の土曜日ピアノの発表会なんですとお話。人前で演奏する機会はどんどん持った方がよいわとおっしゃっていただきました。

とりあえずアタマ白くなってもなんとか復帰できることを目標にしてますとか、かんり低い目線の目標感をお伝えすると、先生の失敗談とかいろいろお話してくださいました。

やさしい先生は聴音で2〰3小節の間、短2度ずれて聞こえていても、だいぶ近いのでだいじょうぶとか、コールユーブンゲンの視唱ができなくてもピアノとならば歌えるので、そこからできない場合もあるのでだいじょうぶ自信を持って励ましていただいております。

しかし、コールユーブンゲンはまじで少々めためた。覚えているメロディとしてではなく、跳躍する音程として次の音符を見ているので、確信をもって声が出せないのでした。(かなりバイオリンに近い状態か?)

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。