バイオリンの先生にきらきら星変奏曲を弾いてもらってわたしがピアノ伴奏してみたい(願望) のその後のその後ついに実現

先日のバイオリンレッスンの際に、かねてからお願いしておりましたバイオリンの先生にきらきら星変奏曲を弾いてもらってわたしがピアノ伴奏してみたいの件ですが、ついに実現いたしました。とってもうれしくわたし的にものすごく感動的でした。バイオリン習っててよかったっ!?

先生にとってはたいへんなご迷惑だったかと....。先生のバイオリンの音色は美しく、アンサンブルでは他の方のバイオリンがよく聞こえないわたしでも、すぐそばで弾いていただいている耳のそばから心に染み入って、つたないわたしのピアノの音色は消えてしまったかのようでした。

鈴木教本1巻目も最後の1曲となってまいりました。来週がピアノの発表会なんです、バイオリンの発表会は年末にはかならずでますねとか先生にはお話して、レッスン伺ってから発表会いってきますと。先生はお忙しいですねとちょっと苦笑い。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する