持っててよかったバックアップ弦

昨日はレッスンのあと、いつものカラオケルーム練習に突入しようとしていましたが、室温の影響か、レッスン直前ではオープン弦の音程がちゃんと入っていましたのに、いまはぜんぜんはずれているという状態。

E線をアジャスタで調弦していましたが、いまいち入ってこないので、ペグで調弦しておりましたら、ぶちとぷちの間くらいの感じでE線を切ってしまいました。

練習環境のお部屋料金はいわゆるフリータイムというやつで料金体系が変わる午後7時まではだいぶ時間もあって、そのときは昨晩深夜の練習疲れもあったり用事もあったりでそこまでいるつもりはなかったので、じっくりE線の張替えを行いました。

バイオリンケースの中の小物入れには昨晩買ったつめきりのほか、チューナー、弓道矯正アイテム、ミュートのほか、耳栓とか入っています。

弦は小物入れには入らないので、ケース本体のバイオリンのネックの下に相当するあたりに数点入れてあるのですが、前回サイレントバイオリンのG線を調弦中に切ってしまった後買ったG線スペアのほか、D線、A線のほかE線も入っていました。よかったです。

これがほんとに初めての弦張替えとなると、解説本ももってきていないのでけっこうピンチだったのですが、いちどサイレントバイオリンでG線張替えを体験していましたので、そのときの記憶でなんとかできました。

そういえばE線にはコマの損耗を緩和する保護管というチューブがついていましたね。これをコマの上にフィットさせるのをわすれずにと。

張替え直後のE線もチューナの1Eの範囲になかなか入ってきませんので、ビビりながらペグをまわしてゆき、3D、2Aのレンジに入っていくのを確認しながら無事に1Eでアジャストすることができました。

やっぱりバックアップ弦はケースに入れておくものですね。いまE線がなくなりましたので補充しなくては。また、サイレントバイオリンの方はバックアップなしなので持ち歩くようになると必要になってきますね。(たぶん)


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)