バイオリンの先生にきらきら星変奏曲を弾いてもらってわたしがピアノ伴奏してみたい(願望) のその後のその後

昨年の10月ごろ、バイオリンの先生との雑談で、ピアノのレッスンではスズキ教本1巻のピアノ伴奏を練習しているんですよとお話をしたときに、きらきら星変奏曲を先生のバイオリンに合わせてピアノ弾いてみたいんです的なお話をしていたのですが、その後課題曲が別の曲に移ってきらきら星のピークとタイミングがあわず、この願望は実現されずじまいだったのですが...

邪道路線の一環としてメンタルトレーニングとして人前でバイオリン演奏する前哨として、人前でピアノ演奏するため4月のピアノ発表会にエントリしてしまっていたのですが、いろいろ考えてエントリ時点でそこそこ既に弾ける状態の曲ということで、鈴木教本のきらきら星変奏曲をエントリ曲に持っていくことにいたしておりました。

ということで、ヨナ夜な深夜にハノンといっしょに弾いていたのはきらきら星変奏曲だったので、ふたたび以前のピークを自分比較で超える状態になってきましたこともあって、先日のレッスンでは次回くらいにちょっとわたしのピアノの伴奏に合わせて先生にバイオリン弾いていただくことを再度お願いいたしました。

鈴木教本1巻のピアノ伴奏譜で弾きますので、バイオリンパートは教本のまんまなんですということをご説明しまして、OKいただきました。次回のレッスンが仕事で飛んでしまう恐れがあるので、その次になってしまうかもしれませんが、発表会に向けてピークをつくっていくので、今回はほぼ実現していくものと思われ、かなり楽しみです。(けっこう緊張するのでたぶんめためたになる可能性大)

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する