スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの先生から重要アドバイス ヨナ抜き音階から覚えること

いつもピアノのレッスンの前半は新曲視唱のソルフェージュです。なかなかシンプルな音型でも音高が上下すると音名は正しく歌っていても音高は逆の高さだったりということを見かねた私自身が、先生に頼み込んでソルフェージュの新曲視唱の前にスケール歌わせてくださいとお願いしましたところ、....

じゃということで教えてくださったのは、ミソラやラドレミソラ、ドレミソラシトといったよりプリミティブなヨナ抜き音階。

ミファやラシといった半音進行を除いたスケールなら覚えやすいとのことで、これらを中核として覚えていけば、通常スケールにも展開しやすいのではということで、ヨナ抜き音階を歌ってけらハ長調音階を歌わせていただきました。

たしかにミソラだったら確実にアタマの中に音像を定着させられそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。