バイオリンレッスンの後はカラオケ喫茶へGO!

先週の土曜日はバイオリン・レッスンの後、近くのカラオケ喫茶へ食事がてら2回目の入店してみました。

入店時刻が前回(先週の土曜)とほぼ同じだったせいか、お客さまの面々はほぼ同じお顔触れという感じ。既にお顔覚えていただけたのか、気さくにあいさつしていただきました。

また、先日バイオリンのことでお声をかけていただいた方もいらっしゃって、ご自身が歌いおわってステージからわたしの席の前をとおってご自身の席に戻る際に、バイオリン弾いてみてよとボーイングのジェスチャしながら、きさくにプッシュいただきました。

そんなにおだてられるとまじで厚顔無恥化が進んでしまう恐れがありますが、いまのところは場の雰囲気をもう少し把握してみてからのお楽しみかと存じます。カラオケボックスでカラオケを伴奏にしながらバイオリンを弾いていることからすると、あながちとおい状況ではないような気がしますが、お客さま全体としてそんなのありなのかまだよくわかりません。

30分くらいは他のお客さまののど自慢を聴きながら、拍をとる練習をしてみたりしております。お食事は焼きおにぎりと野菜ジュースいただきました。

わたしは一曲だけ歌わせていただきましたが、やっぱり若干ストレス(プレッシャー)がかかるのを感じますが、そうあがらず歌えたような気もします。もう少し繰り返せばこの感じのステージには馴れれるような気もしてきました。

一曲だけ歌った後はもう20分くらいは他のお客さまの歌を聴いて、退席とさせていただいております。うちへ帰ってピアノを少し弾きました。バイオリンはまだ引っ越してからはお部屋の中で弾いたことはなく、だいぶためらっています。たぶん近所迷惑確実な雰囲気。ピアノはエレピ(YAMAHA P-115)なので問題ない感じです。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する