NECの超軽量ウルトラブックLavie Zの液晶パネルが破損

先日、ここ数年愛用しておりましたNECの超軽量ウルトラブックLavie Zを無事にWindows10にアップグレードできて、KAWAIスコアメーカーもバージョン10のPRO版をいれることができたので、少し気分がよくなったせいか、先日の日曜は外出先にLavie Zを持ち出しておりました。

この日、地元の音大でソルフェージュの初レッスンへいったり、先生の演奏会に立ち寄った後、浜松へ行ったりしていたのですが、浜松から帰った後、KinKO’sによって楽譜をCマット紙に紙出ししたりしておりました。このとき、LavieZの入ったリュックバックを椅子から落としてしまったりしたのですが、このときはなにも気に留めておりませんでした。

そして先日、LavieZを起動しようとしてみますと、液晶パネルの表示内容が変な風になっており、黒インクをこぼしたような模様が描画されたり、少したつと画面が白くなってしまってログオンすることができませんでした。

液晶パネルに黒インクをこぼしたような模様が出ることからして、液晶パネルに何か力が加わって破損してしまったことが容易に推察されます。念のためHDMI端子をテレビにつないでみますと、40インチのテレビにはWindows10のデスクトップが正常に表示されましたので、やっぱり液晶パネルが逝ってしまったようです。

修理にどのくらい(お金と時間が)かかるのだろう。また工場出荷時になって戻ってくるとWindows10入れ直しもしないといけないかもしれません。

KAWAIスコアメーカーは2コピーまでアクティベーションできるのですが、テレビのパソコンにインストールしてLavieZからはアンインストールしておかないと、インストールされた状態で工場出荷時に戻されてしまうと1コピーライセンス損しちゃうかもしれません。(あるいは電話で事情を話してライセンス認証解除していただけるのか?) 

楽譜データも退避しておかなければなりません。うーん、めんどうくさい。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する