厚顔無恥化プロジェクト(苦手意識克服プロジェクトとも言う)ステージワン

先週の日曜日はわたしのヴォーカル教室の発表会があり、お恥ずかしながらグループでの歌唱に参加しておりました。アンサンブルというより、持ち分のパートのフレーズを順番が来たら歌うという感じ。

実はこの発表会、昨年の夏も参加しておりましたので、今回で2回目。緊張感はあまりなかったのですが、例によって平日は仕事に忙殺されている中で突然、その日がやってくるという感じ。前日の土曜は楽器のレッスンもあるので、十分な直前練習もせぬまま、当日のリハは突然やってきました。

しかし、リハから発表会開演まで少し時間があり(出番はさらにあとの最後の終盤のトリみたいな感じ)ましたので、カフェに入って原曲の音源の自分の担当部分に入ってくるまでをYoutubeでひたすら繰り返し聴いておりました。

バイオリンなんかではこのようなあがきはほぼ効果ないと思われますが、歌の場合は指が動く動かいというよりメロディの記憶が勝負のようなところもありますので、突然その日はやってきた感はあります。

そしてついに本番突入。ステージに立つとやっぱりちょっと緊張するのを感じます。前のひとが歌い終わった後、間奏がはいるので、その拍を数え間違えると悲惨なことになりますが、それはなんとか回避されましたが、いつもよりは少し緊張して声が上すべるのを感じつつ、自分のパートを歌い終わりました。

最後のハミングのリフレイン部分はなかなか盛り上がった感があってよかったです。歌のグループでも前回出た人たちとはちょっと顔見知りになれたのもよかったです。

基本、ポップス・ロックなので会の雰囲気はライブです。わたしはどちらかというクラシック系の習い事しか経験がないので、ちょっとこの雰囲気は前回初めて参加したときはちょっとカルチャーショックがありましたが、今回は慣れました。

ドラムの生の音のビート感とかすごいですね。
若い人たちが熱心に歌唱したり、アコギやエレキギターやキーボードで少し伴奏したり弾き語りする様子にも心打たれるものがありました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する