ジャズやるべ!上野樹里さん主演映画「SWING GIRLS」を拝見しました

公開後は管楽器の売り上げが増加したらしいという伝説の映画「SWING GIRLS」(2004年公開)を遅ればせながら昨日拝見いたしました。


お話の流れはちょっとヤンキーな女子校生たちが授業さぼりたさに吹奏楽部のお弁当を会場に届けにいきますが、道中のトラブルとつまみ食い隠しのせいで、吹奏楽部員全員が食中毒になってしまうことからヤンキー女子たちに代打の白羽の矢がたつという設定です。

ヒロインらにつまみ食いされた弁当1個不足のため難を逃れた元ピアノ少年の男子吹奏部員が次の野球大会の応援演奏のため、臨時部員を募ってヤンキー女子らに吹奏をしこみはじめます。最初に集まったのがかなりヤンキー女子っぽいギターとベースのガールズバンド経験者だったため、純正吹奏楽ではなくジャズのビッグバンド風にキーボードとギター・ベースをまぜた構成にしたことから、ジャズを始めるというお話でした。
   

練習の様子とかは十分に描かれていなく、物語の後半急にうまくなっていった感はあるのですが、ドラマとしては面白くできていますね。ヒロインの上野樹里が市主催の学生演奏会応募のための演奏録画を事務局に郵送し忘れていて、演奏会に出れなくなったことを仲間に言えなくなっているくだりから、大雪のため欠席校が出たためやっぱり出れるようになったというあたりはドラマだなという感じです。

わたし的に強く感銘を受けたのは、ヒロインたちが練習場所に苦労してカラオケボックスを追い出された後、パチンコ屋さんの前で超へたくそ状態でも人前で演奏している様子。

へたくそでかつ音が大きいため子供たちに石ぶつけられたのは公園で練習していたときですが、パチンコ屋さんの前でも集まってきたお客さんにさんざん言われてしまいます。そんな状態であっても人前で演奏してしまうことに、すごいなと思った次第でございます。これはある意味見習わなくてはとも思ったり。どうせへただからとかものおじしない様子にあっぱれです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する