来年早々ちょっとお引越し 夢(あさはか願望)破れる

来年早々にちょっとお引越しします。引っ越しの物件(賃貸マンションです)選定にあたっては、楽器演奏可をお伝えしていたのですが、通勤条件なども考慮すると選択肢はそう広くないので、ぎりぎり電子ピアノ可という物件に落ち着きました。

バイオリンやフルートはよいのかわるいのかは不明ですが、ピアノ演奏は明示的に禁止、重量物の無断搬入も禁止と賃貸契約書には明示されていましたので、カワイのベビーグランドを購入という願望はつい破れました。

いろいろな人に話を聞くと賃貸物件でグランドはほぼNGらしい。グランドピアノ=超でかい=非常に重いというイメージがあるので、ベビーグランドでサイレントつけたとしても、ひゃっぱひとからげにNGになるらしいようです。昔、都内に住んでいたころアップライトピアノやアップライトのサイレントピアノを買ったときは気にせずに買っておりましたので、考えが甘かったです。

次善の選択肢として浮上するのは、ヤマハのアバングランド(ハイブリッドピアノ)で見た感じもベビーグランドをさらに縮めたようなグランドっぽいフォルムのN3というのがあるのですが、ベビーグランドにサイレント機能を付けたのとほぼ同じ価格となるので、弦のないピアノにここまでお金をかけていいものか迷うところです。

ハイブリッドという語感から、サイレントバイオリンのように弦はあるけど共鳴胴体を裸のフレームにして音量を極限まで減らしたものかと想像していたのですが、さすがに弦はなく鍵盤とハンマーアクションまでを自然楽器のグランドピアノと同じ構造として、ハンマーの動きをセンサーで拾って電子音を出すというのはサイレントピアノ(の電子モード)と同じようです。最近のサイレントピアノはよく知らないのですが、昔の出た当時くらいの世代のサイレントピアノは電子モードにペダルでスイッチすると、ハンマーアクションが打弦寸前で寸止めする動作になるので、アップライトのタッチとしてもちょっと影響はあったようです。

弦もつけてしまってハンマーが打弦した小さい音をピックアップで拾うという(サイレントバイオリンやサイレントギターみたいな)構造のサイレントピアノができるとうれしいのですが、弦をつけちゃうと調律も必要となってしまいますし、筐体にピアノ弦を張ったとすると、ほんとうのピアノ弦とは違う弦にしないと筐体もコンパクトにはならないかもしれませんので、ヤマハさん的には開発しようと思えばできるけど、企画として成り立たないという感じなのでしょうかね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する