スマホのピアノアプリでソルフェージュ?

わたしのピアノの先生のレッスンも先週の土曜日で年内終了いたしました。12月は仕事の負荷が著しく高くなり、ピアノを弾くという心のゆとりもなくなり、レッスンのピアノ課題の進行はかなり厳しい状況に陥りました。これはバイオリンもいっしょなのですが、しごとがきつくて楽器練習の余裕を失っていました。

とはいっても月日は容赦なく過ぎ去っていき、のこされた寿命もそんなに余裕しゃくしゃくうん十年というわけでもない(かもしれない)ので、仕事だからと言っても過ぎ去った日が戻ってくるわけではないことから、なんとかしなければというあせりも生まれておりました。

そこで昼食時などでも周囲に違和感をあたえずとりだせるツールとしてはやっぱりスマホに落ち着きます。スマホはある意味コンピュータなので、いろいろなアプリケーションがそろっていることがメリットですね。

だいぶ前にグーグルプレイからダウンロードしておりましたxPianoという鍵盤アプリが意外とすぐれもので、3和音も鳴らそうと思えば鳴らせたのがすごいです。わたしのスマホはガラケーなみに小さいやつなので、鍵盤の数を増やしすぎると弾きづらいのですが、ドから1オクターブ上のドの次のミくらいまでが液晶の縦横比とも絶妙にマッチしてちょうどよく、スマホがかわいいピアノみたいになります。

依然から課題曲を聴くためにスマホにイヤホンはつけておりましたので、お昼ランチをいただく喫茶店では、さすがにご飯をいただいている最中はイヤホンはずさないと食事に集中できませんのではずすのですが、ランチを待っている時間とコーヒーをいただいている最中はなるべくイヤホンつけてxPianoの鍵盤で音階をいったりきたり、3度4度上下に跳躍してみたりということを繰り返してみたりしておりました。

その結果かどうかはわかりませんが、最後のレッスン納めのときのソルフェージュでは、はずしたりはもちろんまだするのですが、修正は少し早くなってきたと先生に言われました。ハ長調限定の1オクターブ範囲のスケール限定でかまわないので、ちゃんとメロディを視唱できるようになりたいな。

ピアノ実技は壊滅的でした。年末年始で少し体制を整え直します。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する