年内のレッスンは無事終了

先週末の土曜日で年内のバイオリンレッスンは最後となりました。鈴木教本1巻上での進行はバッハのメヌエット3番という状況だったのですが、この日はアンサンブルの課題曲を見ていただきました。

先生が奏でるアンサンブル曲のファーストやセカンドバイオリンのパートの音色は素晴らしく美しく、わたしのすぐそばのとなりで聴こえてくるメロディは至高の時間の中を流れているようでした。

わたしの弾くパートはベースのようなパートなので、先生が弾くようなメロディがたくさんある譜面ではないのですが、パート譜だけ見て弾いていると他パートがどの位置を弾いているかを拍の数できちんと追うことができないということが依然と課題ではあります。

発表会まであと1か月くらいという状況下でこれはけっこうまずい状態ではあるのですが、年始のレッスンでも引き続きみていただくことをお願いし、年末年始の時間のあるときに少しでも改善をはかっておこうかと存じます。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する