知らないメロディを急に覚えるには(歌う方です)

先日のボイストレーニングのレッスンでは、グループ発表の課題曲を発表会まで間がないということで、全レッスン時間を使って叩き込みを行っていただきました。

わたしの担当パートは8小節(くらいと推定される)のサビの部分。事前に音源をまったく聴いていなかったわたしが悪いのですが、あまりの急展開に緊張ひとしお。またまた音楽的に苦手な意識があたまをもたげます。

これはまた楽譜を見て知らないメロディを視唱するのとは別のアプローチで、楽譜はなしで先生の弾くピアノのメロディや先生の歌声に自分の歌声を合わせていくという方法で覚えていきました。

ヒトの歌声って不思議なもので、それでなんとか歌になっていくものなんですね。バイオリンのメロディを楽譜みないで聴いたメロディと同じように演奏することはできないのですが、歌だとなんとかなるようです。

とはいっても、音階と思って歌えば2度上がって2度下がれば同じ音になるのですが、知らないメロディで上がって下がったときに実は前の音と同じでも同じ高さの声がなかなか出せないとかあって、かなり恥ずかしいです。

先生の前ではいいとこ見せようとか思わないことが大事で、ありのままできることをできるようにしていくしかないようです。そう思うと、歌のレッスンもなかなか楽しいです。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する