歌うよソルフェージュ それってもしかして...

先日のピアノレッスンでは冒頭、恒例のソルフェージュ課題で、この日は短3度の高低への跳躍を歌い当てるレッスン。なかなか楽しいです。こんなこともできなかったのかと、強烈な不安に襲われることもありますが、基本は楽しいです。先生のいうがまま出だしのピアノの音に合わせて次の音程を歌っていくと、...それって

「春の小川」のメロディだったのですね。一連のメロディとしての「春の小川」と認識すると(さすがにこのメロディは覚えこまされているので)歌えるようになるのですが、分解されたフレーズの一部分と言いますか、次の音を指定されてそれを歌ってと考えると、ほとんど歌えないのが不思議です。

もう少し狭い範囲での音高の変化のパターン(メロディの極一部)を覚えるともっとスムーズに歌えるようになるのでしょうか?

それにしてもひとの声ってほんと不思議ですね。どうやって音高を調整しているんだろう。本を読んで、声帯の前にある骨をある筋肉がひっぱったりゆるめたりして、声帯を狭めたりゆるめたりして声を調整しているらしいことを知ったのですが、このあたりがこの音の高さという意識的な目安はまったくなく出てきた声を聴いてもうちょっと高くとか低くとかやって音を合わせるだけなので、すごく不思議です。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する