まもなくカワイ スコアーメーカー10発売

昨晩帰宅した際にうちの郵便受けをみましたら、河合楽器さんからスコアーメーカーのバージョンアップのお知らせが封書でとどいていました。どの程度機能アップしたのかはよくわからないのですが、正式にWindows10に対応すると思うので、スコアーメーカーをバージョンアップしたらWindows7のウルトラブックをWindows10にアップグレードしようかなとぼんやり思いながら封書を開けて振込用紙のお値段をまずチェック。

振込用紙の金額欄はブランクで、依頼人欄にわたしのスコアメーカーのバージョン(スタンダード9)とプロダクトコードが記載されていて、その右側にスコアーメーカー10 PRO 21,000円とスコアーメーカー10STD 11,000円と書いてあって、スコアーメーカー10 PRO 21,000円が太字になっていました。

これってスタンダード9からもプロ10へバージョンアップできて、しかもお勧め(太字で強調)といことでしょうか!?バージョンアップのご案内の文にははっきり書いてはないので、厳密にはわからないのですが、金額欄ブランクということは上記のどっちかの金額を記載の上送金してくれと解釈できますので、ほぼそういうことかと思います。

スタンダード9からプロ9へのアップグレードは確か32,000円くらいだったので、9同士でアップグレードするより1万円以上お得ということのようですね。プロになるとリハーサル記号を使ってリピート演奏を編集できたりとか、いつもは使わないけどあったら助かる的な機能があるので、この機会にプロ10へバージョンアップしてしまおうかな。

※カワイ スコアーメーカー
説明します。カワイ スコアーメーカーはスキャナで画像化した印刷楽譜または手書き楽譜を演奏データとしてデジタル化して楽譜としての体裁もオリジナルの印刷楽譜に近い状態でレイアウトする楽譜自動認識・自動演奏ソフトウエアです。(音楽作曲制作ソフトウエアのDAWの機能も持ちながら、画面や紙、PDFに出力する楽譜の体裁を演奏する人が違和感なく見れるようにしているところが特徴です。)PDF楽譜も読み取れ、画像形式ではないPDF楽譜からの読み取り精度はかなり高いです。



関連記事

コメント

便利なものがあるのですね!

こんばんは、おじゃまします。

楽譜を読んで演奏してくれるのですか。
他にもそういうソフトがあるようですが、詳しくありません(^^;
楽譜が苦手なのでちまちま解読するのに時間がかかりますが、やらないとできるようにならないため仕方なく頑張っています(笑)
でも、あったら便利そうです…。

音を聞かせたら楽譜にしてくれる、というのもあるといいなぁと思います。
iPhoneアプリであったような気もするのですが…。

Re: 便利なものがあるのですね!

みほさん、おはようございます!
コメントありがとうございます!そうなんです、とっても便利なんです。わたしにはもう手離せません。
ほとんど弾けないピアノ楽譜を買っても、どんな風に聴こえるんだろーとメロディや伴奏がさっぱりイメージできない私には、楽譜を替わりに音出ししてくれる驚きのツールです。
ピアノ楽譜をデータ化すると、電子音源で演奏してくれる他に、ト音記号譜だけのパート譜にしてくれたり、ポップスの場合は弾きやすい(カラオケに合わせやすい)キーに一発移調してくれたりするんですよ。
CD音源から楽譜にしてくれる耳コピーソフトも便利そうですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する