YAMAHAの横持ちリコーダ(ファイフ)で朝一ロングトーン

YAMAHAのファイフはリコーダとっても、クチではくわえないので、唄口のエッジにじょうずに息を当てるのがポイントのようなのですが、タンギングとか(わたし的)高等テクニックに進む前に、安定したトーンを出せるようになるのが最初っぽいですかね?

おなかで息をとめずにヴォーカルのロングトーンみたいに息を少しづつ出し切っていく感じで舌で音をとめるってけっこう難しいです。とりあえず、音切る前に長い音がファイフで出せるようにしてみようかな。管の直径や唄口の大きさはフルートに比べると小さいので、個別にはキレイになる息の吹きかけポイントは異なるかもしれませんが、多少の個体差があってもポイントのエッジに息を噴出できるようになれたらいいな。

朝は忙しいのでほんと数分くらいしか音出せませんが、生活習慣の中に楽器を数分いじる時間を導入していこうとか、あがいております。エレピは午前様の場合は15分くらいですね。サイレントバイオリンは松脂ぬったり調弦したりといった準備動作はアコースティックバイオリンといっしょなので、なかなか運用できていないです。なんとかしたいな。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する