(バイオリン+ピアノ+ヴォーカル)/3=フルート

フルートの体験レッスンを無事に体験してまいりました。頭部管だけでの音出しを無事にクリアして、楽器の持ち方のさわりまでを教えていただきました。フルートを初めて構えて吹いた感じからのあくまでわたしの印象ですが、フルートってバイオリンとピアノとヴォーカルを足して3で割ったようなものかと感じました。

バイオリンっぽいところ  楽器を構えた感じがバイオリンに似ている(そう思わない方もいらっしゃるかもしれませんが、両腕を肩の高さまでほぼ持ち上げるところとか。向きはちょっと違いますし運動の仕方も違うのですが、ざっくり似ているようなところもある程度)
あとは音域がバイオリンに匹敵する広さで高音域であること。旋律楽器であること。

ピアノっぽいところ  キーのでこぼこ感が演奏の目安になること。ピッチはバイオリンみたいに厳しく演奏者の感覚にまかされないところとか。これは厳密にはそうじゃないということもあるかもしれませんが、アマチュアが通常に演奏する範囲で問題にならないレベルでという点で。だいたい頭部管だけで3つの周波数の基本音がだせればキーの操作で各音階はだせるらしい。

ヴォーカルっぽいところ 息を使って演奏するので呼気のコントロールがかなり大事。(ただし声帯は使わない。当然か)
関連記事

コメント

バイオリンだけでも

3楽器を習うのは、大変でしょうね?
(レッスン料も練習時間も)
私はバイオリンだけでも、アップアップです。

Re: バイオリンだけでも

ちさこさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
ほんとスミマセン(_ _;)フルートはほんと想定外です。だってほんとにきらきらしていてキレイなんです。
気にしなければ気にならならないで過ごしていれたのですが、気になりだすとほんとなんとも言えない楽器の見た目の美しさにうっとりです。そしてケースも宝石箱よりはおっきいですが、宝石箱みたいにすっごくちっさいんですよー(バイオリンケースに比べればかなり小さいです)、まるで女子のために生まれてきたみたいな楽器なんです。ちさこさんも楽器屋さんでフルート売り場ちらりとご覧になってみてください。おーんななら~な~によりもフルートを選ぶわ~♪(たぶんきっと)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する