録画録音してみました(超低品質のため非公開)

昨日カラオケ店でSONY ミュージックビデオレコーダHDR-MV1を使って演奏の様子を録画録音しておりましたが、本体だけの場合は上下の角度調整ができませんでしたので、カラオケ店を出た後はカメラ屋さんで超ミニ三脚を購入しました。これです。
JOBY 三脚 ゴリラポッド マイクロ250 ブルー GP15 010911


HDR-MV1につけっぱなしにしておくこともできて、三脚部を扇子のように折りたたむことができるすぐれものでした。こちらを使って今日は朝からの練習を自分撮り。ついにバイオリンを弾いているところ正面からも撮ってみました。

うーん、ボーイングの様子が手に取るように見えます。しばらくボーイングガイドをつけていたせいか、弦と弓の角度は垂直からおおきくははずれない角度は維持されているみたい。
   

最近よく見ている演奏者は川井郁子さんなのですが、あの手首のくくっとする感といいますか折り曲がり感は自分にはないのがわかります。右手首は固まっているというわけでもありませんがそんなに動かないです。

ヴォーカルの方も昨日に続いて録画。昨日はエコーを除くのを忘れておりましたので、今日はエコーレベルをゼロにして、正味の自分の声をチェック。客観的に聴いた感じ、トーンが完全には安定していない感じ。フルートなんか吹いたらもろでそうな揺らぎが自分的に目立ちます。

今日もLiveDAM精密採点DX-Gで採点してみておりましたが、課題曲のほうは84点くらい。音程正解率は78%くらいです。これからどうやって音程正解率をあげていくか悩ましいです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する