神尾真由子さんのチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (DVD付)を買いました

だいぶ前のNHKのらららクラシックのベートーヴェン特集の回で、神尾真由子さんのベートーヴェンヴァイオリンソナタの9番を演奏する映像がカット版で流れたときから、ちょっと気になっていたヴァイオリニスト神尾真由子さん。先日はPRIMO(DVD付)を買っていました。


先日(ちょっと前となりますが、神尾真由子さんのPRIMO(DVD付)を買った直後くらい)に続けて
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (DVD付)を買っておりました。

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲はフランス映画の「オーケストラ!」でメラニー・ロランという女優さんが出生の過去に謎を持つ女性ヴァイオリニスト役で劇中クライマックスで演奏されたのを初めて聴いてからお気に入りの曲です。
   

DVDでは神尾真由子さんのインタビューが収録されていて、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は彼女にとって特別な曲で、ご両親が職業ヴァイオリニストを目指すことに反対されていたのを、この曲が弾けるようになるまではヴァイオリンやめないと言っていたとか。

わたしもそれを伺って、この曲を弾けるようになるまではヴァイオリンやめないと決めるといいかもと思ったのですが、クラシックのコンチェルトとか夢の夢という感じですが、夢を持つのもよいかもしれませんね。

コンチェルトではありませんが、ベートーヴェンヴァイオリンソナタの5番は弾けるようになれたらいいな。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する