ヴォーカルの先生にバイオリンの実力を披露するためにバイオリンの先生に見ていただく?

もともとヴォーカルのレッスンの門をたたいたのはバイオリンがうまくなりたいためですと、ヴォーカルの先生にも公言していて、ヴォーカルのレッスンにもバイオリンケースをしょって伺っておりますので、先生もわたしのバイオリンってどの程度のものなのか少し関心を示されていただいております。

ピアノの先生は(同様の趣旨でご指導いただいておりますし、同様にバイオリンレッスンの後に行くもんですから、バイオリンしょってレッスンに伺っておりまして)レッスンし始めていただいた最初のころに強烈に弾いて弾いてと強烈にプッシュされるもんですから、マジへたですよと強くお断り申し上げた上で、鈴木教本の練習曲やらテレサテンの好きな曲とか、雰囲気で弾かされてしまっておりまして、ピアノで伴奏もしていただけたので、なんだかとっても楽しい時間ではあったのです。

ヴォーカルの先生のレッスンもいつもピアノ伴奏していただいて歌っているというなかなか楽しい時間なので、似た雰囲気ではあるかと思うのですが、なんとなく(自分の思い込みもあって)バイオリン単独で弾くような気がするものですから(その場合は強烈にあらが出ると予測されますので)

ちょっとバイオリンの先生に、たぶん今度ヴォーカルの先生にバイオリン弾いて聞かせてって言われているので、弾いてみようと思うのですが、自信ないのでこの曲ちょっと見てくださいとお願いしてしまったりし、ました。

その曲とはヴォーカルのレッスンにも使ってもらった曲で、カラオケでも適当に弾いて合わせられるようになったものですから、ヴァイオリンの先生にこれまでちゃんと見てもらったわけではなく、バイオリン的にはほんと適当に弾いてたものですから、バイオリンの先生の前で弾いてみますと、ヴォーカルの先生の前でその曲を歌っていろいろご指摘をいただいたのと同じようなご指摘をいただいたものですから、ほんと音楽って共通の基盤の上にあるもんなんだなというのを強く痛感するようなこととなりました。

なんだかバイオリンの先生のまでもかなりどきどきしてしまっていました。お手本を弾いていただいて、ああやっぱりこの曲も(ほんとは)美しい曲なんだと感じたりとか、いっしょに弾いていただくと自分のあらが目立たなくなるので、ちょっと楽しかったです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する