スケールの「スケール」 Pianowand スケールワンド(scale wand)

先日のバイオリンレッスン。レッスン時間より少し早目に教室のある街へ着いておりましたので、その近所の楽器屋さんで楽譜などながめておりましたら、書店さんの店員さんが書籍をお勧めするコメントPOPみたいな感じで「これは使える!」というキャッチでやたら進めている音楽アクセサリ(アイテム)がありました。


ピアノ鍵盤の上に置いて「ルート」と指定されている位置を根音にしたいキー上に置くと、メジャー(長音階)、メロディック・マイナー(旋律的短音階)、ハーモニック・マイナー(和声的短音階)などを押さえるためのドミナントやサブドミナントなどの位置を(青い下三角印で)示してくれるというスケールの「スケール」。
   

イギリスのPianowandという会社の スケールワンドという製品です。これは確かに便利っぽいと思って、つい衝動買いしてしまいました。

ピアノの先生にはこんなのがあったんですよーとさっそくご紹介。二人で不思議そうに6面ある音階ゲージを見入っていました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する