意外とでかいサイレントギター あるといいなサイレントフルート

先日のボーカルレッスンの教室の発表会で、講師の方がサイレントバイオリンみたいなギター(つまりあれですね、ほぼ中空のフレームと指板だけからなるようなあのフォルム)を弾いていて、これはなんだろうと思ったのが興味をもったきっかけでした。まんま、ヤマハさんの製品でサイレントギターというのがあったんですね。

昨日、ちょっと実物を拝見する機会がありまして、間近で見ましたらけっこうでかかったです。アコースティックギターと同じフォルムで、サイレントバイオリンみたいなフレームがついていますので、サイレントチェロよりひとまわり小さいくらいという感じでした。

エレキギターとサイレントギターの違いはよくわかっていないのですが、ヤマハさん的になるべくアコースティックギターの感じを出すために工夫されているということなのだろうか?

お値段はローエンドのエレキギターよりは高くて、サイレントバイオリンの重たい方のモデル(ちょっと安い方のコントローラ内臓タイプ)と同じくらいの値段なので、そう安くもなく高くもなくといった価格のようです。

片っぽのフレームがとりはずせて、収納するときは幅的にはちょっとコンパクトになるらしい。

なんでこんな楽器に興味をもったかといいますと、ひとはいずれ死ぬんだから子供のころやってみたくてやれなかった楽器をいろいろ体験してみるのもいいなかと思ったことと、ステージでギターの弾き語りする生徒さんが思いのほかかっこよかったので、ちょっとあこがれがでてきたりして。

とはいっても衝動買いするほどの衝動にはいたらず。1か月未満内でエレピを買っているという影響もあります。

サイレントブラスという楽器(というよりアドオンシステム?)もあるらしいので、フルートでもサイレントないのかなと思いましたら、こちらはまだないみたいです。

トーンホールのたくさんある管楽器のサイレント化はむずかしいとか。

わたしの願望としては、ほんもののフルートの半分くらいの全長で、音は完全に電子でかまわないので、音量が風圧センサーで息の強さで変わるくらい(ブレスは再現してほしいけどね)、運指のボタンは完全に電子スイッチになっていて空気振動や共鳴を音源としないフルートっぽい電子音の音高を電子オルガン的に制御しているだけのような、横笛の形をしただけの電子楽器みたいなのでもいいかなと思ってみたり。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する