手をのばしても触れない光のようだった(レッスン)

少し前のレッスンになりますが、ボーカルの発表会のリハとレッスン時間がぶつかってしまって、少しずらしていただいた際のレッスンのときの記憶です。時間だけでなくレッスンの場所もいつもの教室ではなく、とあるマンションの一室。鈴木教本の課題曲のチェックは中断して、合奏アンサンブルの課題曲を見ていただいていたのですが、

課題曲のファーストバイオリンパートを先生がいっしょに弾いてくださいました。
そのとき、わたしの中での曲の印象ががらっと変わって、こんなに美しい曲だったんだということに気づかされました。
音楽に心が震えるとはこういうことなのかもしれません。

いちおういっしょに刻みパートを弾いておりましたが、すぐとなりでいっしょに弾いている先生のバイオリンから聞こえてくる旋律になんだかどきどきしてしまいました。
先生は古ぼけたマンションの一室の中に差し込む光を浴びてまるでミューズのようでした。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する