カラオケバイオリン演奏 LiveDAM精密採点DXが沈黙(マイクが音拾わない感じ)

お盆休みの中日も終わり、いよいよ終盤に。お盆休みが終わると夏が終わるのもあっというま、さびしいものです。そんな今日ですが、バイオリン練習3日目に突入。ほんとはこんなことやっている場合ではないのですが、テレサ・テン「別れの予感」をカラオケに合わせてバイオリン演奏の続き。

今日のお部屋は昨日と違って従来のライブダムのお部屋でした。

さっそくカラオケ(第一興商さんLiveDAMの標準キーから♭3つ=原曲キーから♭4つ)に合わせて演奏してみますと、自分の耳で聞いた感じ、カラオケの伴奏に対してそうはずしていない感じでもあり、ずれた場合はある程度補正して弾くということもできているので、音程正解率24%ということはさすがにないのではと思って、LiveDAM精密採点DXの採点を開始してみましたが、昨日の最新環境LiveDAMスタジアムと違って、音程グラフがまったく反応せず。

マイクの状態はあまりよくなく、マイクスタンドにマイクを寝かせてこっちを向かせているという感じだったのですが、バイオリンの音を全然拾えていないようでした。

途中、通常の演奏は中断して、マイクを左手で持ってバイオリンはあごだけで保持してオープン弦で弾いてみますと、かなり近い位置で微妙に向きがあっているときだけ音程グラフに音が乗るようでした。

う〰ん、残念。これはやっぱりテレビ番組みたいにピックアップマイクをバイオリンに装着してLiveDAMコントローラにマイクインをつながないとちゃんと音が拾えないのかもしれません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する