月のプリンセスとNHKの粋な演出と...

先日の土曜のNHK Eテレの「ら・ら・ら クラシック」の数時間前、「人類初 目撃! 太陽系の秘境 冥王星&彗星 大冒険」という番組を録画してちらっと拝見しておりました。オンエア中は途中から拝見。声優の古谷徹さんが彗星の探査についてかなり固く解説をしていて、めずらしい演出だなーとか思っていました。冥王星探査の解説の声の出演では三石琴乃さんが登場。わたしの三石琴乃さんのイメージはやっぱり月野うさぎ。

スタジオには冥王星ファンとして中川翔子さんも出演。なんだかVCの方が解説する変わった宇宙番組だなーと思っていました。古谷徹さんのイメージは古くは星飛雄馬とかアムロとかといった感じで、このときは三石琴乃さんとまったくつながらなかったのですが、今日、この番組のことを思い出しておりましたところ、急につながりました。

タキシード仮面こと地場衛ということで、美少女戦士セーラームーンにひっかけた演出だったということなのですね?ということなら冥王星つながりで川島千代子さんとか出演されるとよかったかもとか思いましたが、セーラームーンもいまは昔だいぶ前の作品なので、三石琴乃さんとかも、けっこういい歳になってしまっているんですねー。

だいぶ前の「題名のない音楽会」でジャズに編曲された「ムーンライト伝説」が演奏されていましたが、いちどバイオリンで弾いてみたい曲ではあります。川井郁子さんとか、魔女の宅急便みたいに100年の音楽で演奏してくれないかなーとか思ったり。(もしかしたらもう演奏されているのかもしれません。)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する