衝動買いにまったをかける

ピアノに向かい始めるとなるとやはり欲しくなってくるのはピ・ア・ノ・・・。とくに先生のレッスンはグランドピアノですし、練習場所として決めた貸練習室のピアノもグランドピアノ。バイオリン教室でお借りできるのもグランドピアノ。グランドピアノばっかり弾いていると、音を鳴らした後の耳と指に戻ってくる響きの豊かさになんともいえない心の震えも呼び起こされていきます。(決してちゃんと弾けていると誤解されないように。)

というわけで、過日貸練習室をご提供している楽器屋さんに、今使わせていただいたコンパクトグランドっていくらくらいなんですか?とお聞きしましたところ、設置されているモデルは現在販売しているモデルではないので。。ということで、中古のベビーグランドの価格をご案内いただいたところ、ざっくり100万円くらいというお値付けでした。

イニシャルとしては直感的に「買えるかも!」と思ってしまったのですが、いま住んでいるところは近い将来引っ越す可能性があり、グランドピアノの引っ越し料金ってどのくらいなのだろうと思ってしまって、思いとどまってしまいました。

ご案内いただいた1モデルはカワイのベビーグランドでサイレント(電子音源)機能付きでおよそ100万円というのがあり、のちにカワイ楽器さんの営業の方に伺ったお話で、サイレント(電子音源)機能付きでおよそ100万円(98万円)というのはかなりのお値打ちだとのこと。

今買っても自然音で演奏するという時間帯はかなり限定されるので、消音機能は必要になってくるのですが、そうすると電子ピアノで弾くのと大差はなくなってしまい、オブジェとして姿がグランドピアノなのかそうでないのかの違いとなってしまいます。(厳密にはハンマーのついた鍵盤にセンサーを付けるので、ハンマーのない電子ピアノ鍵盤よりはタッチは元のピアノに近いはず?とは昔サイレントピアノで弾いてはいたので細かい違いがあることは認識しているのですが、打弦するかしないかの違いも大きいので)

うーん、残念ながら、この衝動買いの衝動は再び三度復活する可能性は高くありますが、とりあえずリタイヤがもう少し近づいた時点で再孝しようと、はやる気持ちをおさえることといたしました。

ピアノは筐体もでかいので、バイオリンと違ってアコースティックと電子音のしくみをひとつのボディに実装できることはメリットかと思いますが、電子ピアノ(っぽい)楽器を別途買っているなら、グランドピアノはカワイのマスクみたいなのをつけておくだけでもよい気がしてきました。(つまりアコと電子は別筐体で運用でもよいかなと。バイオリンはそうなっていますし。ベビーグランドの新品価格は110万円くらいで、マスク(グランドピアノ筐体の天板を下げたときの密閉性を向上して音量を下げるアドオン)が10万くらい、諸経費入れて140万あれば新品でも買えそうです。電子機能は寿命があるわりにグランド用の純正品はちょっとお高く60万くらいはするそうなので、ベビーグランド買う暁は電子音源なしとする可能性が高いと感じました、)

と考えると、グランドピアノ(ベビーグランド)購入はそう遠くない将来のお楽しみとしてとっておいて、当座の練習環境として、グランドは有償無償の環境をお借りするとして、それ以外の自宅環境としては電子ピアノ環境をもう気持ち改善したい気分へと方向が変わってまいりました。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する