ヤマハのピアノっぽい電子キーボードPiaggero NP-31は HERCULES シングルX キーボードスタンド でしっくり

お恥ずかしながら、ピアノレッスンうん十年ぶりに再会の運びといっても、現在はアコースティックピアノは持っておらず、かろうじてピアノっぽい用途で使えそうな電子楽器が、昨年の年末に衝動買いしていたヤマハのピアノっぽい電子キーボードPiaggero NP-31のみ。

とりあえずこのキーボードで腰を落ち着かせて弾いてみようと思い、先々週末に楽器屋さんに取り寄せをお願いしておりましたのが、HERCULES シングルX キーボードスタンドとキクタニのピアノ高低自在椅子。

実はこのシングルX キーボードスタンド、楽器屋さんで注文したときはダブルXタイプのものをお願いしたつもりだったのですが、昨日、キクタニのピアノ椅子といっしょに楽器屋さんから持ち帰ってきたとき、シングルXとダブルXで共通の個装箱っぽい箱の表面にはシングルXの型番の方に赤マークがついていて、この時点でほぼ間違ってシングルXを買ってしまったことが判明。

幸いヤマハのPiaggero NP-31は自重5.7キロととても軽量で、単3電池でも駆動可能な屋外演奏可能な仕様なので、シングルXでもだいじょうぶかと思い、そのままセットアップ。
   


キクタニのピアノ椅子は、脚を自分で組み立てるタイプですが店舗価格で12,000円とお値打ちの割には、脚の表面がピアノの鏡面仕上げみたいな感じで、なかなか高級感もなくはないつくりでした。

Piaggero NP-31の高さ寸法は10センチくらいですが、キーボードスタンドの5段階の高さの2段目でちょうどぴったりでした。
   

奥行きもあまりないスリムなボディですが、キーボードスタンドの滑り止めラバーがチューブパイプ上で前後できましたので、ぴったりしっくりでした。

心配だった脚やひざがXスダンドとぶつからないかという点ですが、シングルXが幸いして、まったく問題ありませんでした。ダブルXでなくてよかったかもです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する