浮気なのか、復活愛なのか 迷いながらお問い合わせ

いまを去ることおよそ1か月半前、意を決したわたしはあるピアノの先生にお電話さしあげてみたのだった。あいにく土曜日は空の時間がないとのことだったのだが、少し待つといろいろな社会人移動で時間割が変わって対応できるかもしれないとのことだったので、少し待ってみることに。

ピアノのことを考えると胸がきゅーっと痛くなる感じがした。いまはピアノは手放してしまって所持しておらず、昨年の年末に衝動買いしたピアノっぽいキーボードがあるだけだ。

ただ、このキーボードも音感改善策として導入したのではあったのだが、いまいち稼働率は芳しくなく、強制的にピアノに向き合う時間をつくるには先生についてペースをつくっていくことではないだろうかと考えるようになっていた。

バイオリンを習っていて音痴改善が目的で、ピアノの上達自体が目標目的ではないとか、これまたピアノの先生に対しては失礼千万なお話を快く訊いてくださったこちらの先生にお願いしてみようという気持ちはかわらなかったので、しばらくのんきにお待ちしていたところだった。

そしておよそ一か月ほどが過ぎたこと、先生から体験レッスンに来てみませんかというご連絡をいただいたのだった。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する