歌うとなるとけっこうたいへん

鈴木教本1巻の12.習作ですが、先週の月曜から(心を入れ替えて?)、他の課題曲といっしょに朝晩の通勤時に聴きこむようにしていました。そのためだいぶメロディと伴奏をアタマの中で鳴らすことができるようになりました。

しかし、そのイメージで弾こうとすると、普通のテンポでイメージが定着してしまっているので、それは早すぎて弾けないといことに。昨日のレッスン前はこんな感じでしたので、これはめためたかなと思いきや、音程はわりとあっているということで変奏の方への練習にゴーをだしていただけました。

16分音符のリズムでの変奏ではもう音階名でまったく歌えませんが、8分音符のリズムでも歌うとなるとかなりたいへんで、最高A5の音とかふつうではだせません。けっこう跳躍していますね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する