痛い魚の目はありません

こちらの本は習い始めてから買ったものかと記憶していますが


「本当に役立つ! ヴァイオリン練習法74 12人の指導者が実践する最強のトレーニング (CD付) 」
相川 麻里子 (著), 齋藤 咲恵 (著), 福田 恵子 (著), 古橋 ユキ (著), 美ノ辺 純子 (著), 深山 尚久 (著),ほか
リットーミュージック

基本的なことから難易度が高そうなお話まで、いろいろ上達に有効そうな内容が盛りだくさんな感じの書籍でございました。

その中で、P23の「弓元のコントロール力をあげる方法」に書かれています、
右手の小指の弓の接点に「魚の目パッド」を貼るといいというのは、わたし的にはいまのところ実際にそのようにしていたりします。(かっこわるいですけど)

こちらの本はエアでイメージトレーニングとか、なかなか楽器を鳴らせないときでもいろいろ役に立つフォーミングのアイデアがいっぱい書かれていて、よい本の感じがします。
   

弓の扱いでは、さらにおはずかしながら、「ボウ・メイト Bow Mate」というバイオリン・ビオラ用の弓の持ち方を矯正するアイテムも使っています。 

「ボウ・メイト」はどちらかというと人差し指の巻き込み防止という感じなのですが、さらに「魚の目パッド」で小指のコンタクトが安定しますので、両方あるとわたし的には弾きやすいです。

ということで、私はしばらくの間、この、「ボウ・メイト」+「魚の目パッド」で右手のフォーミングを行っています。超おはずかしながら、せんせいの前でもこれ付けてやっています。
   

自転車を習い始めたときの補助輪みたいなアイテムですが、「ボウ・メイト」はそろそろたまにはずしたりしています。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)