一夜漬けならず一朝漬け

金曜の夜も仕事が終わったのが11時半ごろ。のまずくわずだったので帰宅途中にちょっとお食事。食事しないでバイオリンを確保したらそのままカラオケ店直行というプランも脳裏に浮かんでいたが、空腹には勝てなかった。

しかし、まずいことに生ビールとかもいただいてしまったのだ。一杯だけだが、ちょっとこのまま眠ってしまいたい強烈な誘惑が発生してあえなく降参。この日の深夜バイオリンは意志軟弱ゆえのパスとなってしまった。

翌朝目覚めると、本日は通院もなくレッスン時間はいつもより少し遅い1時であることを思い出した。というわけで9時半ごろカラオケ店にエントリできたので2時間半くらいはレッスン前に練習できたのだ。

一夜漬けならず一朝漬けみたいな感じだが、レッスン前にこのくらいの時間バイオリンを弾いた状態でレッスンとなるとやっぱりカンは鈍っていないのであくまで自分内比較だが、余裕をもってレッスンにのぞめた。(あいかわらず多少は緊張して、この練習のときのような感じよりはミスが多いのではあるが)

弦楽四重奏版「A Time for Us」はひととおり先生の前で弾けた。今日は自分が弾く時間のが多かったので、先生が弾く「A Time for Us」を聴けなかったのが少しさびしい。次回は鈴木教本の次の課題曲も音を拾ってよいこととなった。トナリゼーションはちょうど弦楽四重奏版「A Time for Us」と同じト長調なので楽しい。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する