KORG USB MIDIキーボード microKEY-37 戻ってきた

先日コネクタ部損傷のためサービスセンターに修理出ししておりましたKORGのUSB MIDIキーボード microKEY-37 ですが、本日戻ってまいりました。コルグ・サービスセンターさまの厚意で初期不良同等の無償修理としていただきまして、たいへん感謝申し上げます。

さて、問題のバスパワーUSBケーブルの本体側コネクタ金具と本体枠との隙間(クリアランス?最近はクリアランスセールの方の一掃の意味の印象が強い)ですが、なんか、本来のギリギリのクリアランスになって戻ってきたような気がいたします。これはボトムケースを交換するか、コネクタ金具寸法を少し大きくしたのか、どちらかわかりませんが、買ったときのようなぐらぐら感は収まった感があります。

とはいっても、据え置きで使うわけでないならば、USBケーブルを差したまま取り扱う場合は要注意ですね。このサイズで、鍵盤がピアノボックスタイプというのは他に選択肢がないので、(シンセタイプの鍵盤しかない感じ)大事に扱っていきます。

これでなんとか弦楽四重奏版の「A Time for Us」とか、DAWへの打ち込みで少し他のパートの譜読みをしてみようかと存じます。

関連記事

コメント

No title

こんにちは。修理無事に終わって良かったですね。
Y社(伏せ字にする意味もないか(笑))には、何度か対応してもらったことがありますが、こちらも大変親切に対応してくれました。また何かあったらこのメーカーのを買おう、と思わせてくれますよね。
コネクターは対策品が出たんでしょうかね。改善されたようでなによりです。
使い倒してください!

Re: No title

クレモナ親父さん、こんにちは!
コメントありがとうございます!ほんと親切にご対応いただいてとっても助かりました。実はYAMAHAのPiaggeroNP-31を昨年末に衝動買いする前は、もう少し上の価格帯のローエンドの据え置きタイプの電子ピアノも気になっていて、木枠スタンドで蓋もついているモデルではKORGの隠れたロングセラーモデルのLP系にぐらっとしていて、本体はびっくりするほど安くて鍵盤タッチがよかったたのですが、椅子とか床マットとか買うと10万円にはなってしまい据え置き電子ピアノは引っ越しのときたいへんなので断念いたしました。YAMAHAは大昔の話になりますが、サイレントピアノのコントローラが初期不良だったときに、すぐに交換していただきポインセチアのお花を贈ってきていただいたのが印象的でした。(のでわたし的にはYAMAHA製品は信頼感高いのでサイレントバイオリンもあまり迷わず衝動買いしておりました。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する