KORG USB MIDIキーボード microKEY-37 戻ってくるかな

先日衝動買いいたしましたKORGのUSB MIDIキーボード microKEY-37 ですが、バスパワーのUSBコネクタの本体側のコネクタ金具と本体枠との隙間が広くてもともとぐらぐらしていたところ、開封の翌日にはコネクタ部が損傷してしまい、先日の日曜の夜に宅急便でサービスセンターへお送りいたしました。

店舗実売よりネット通販はなにかあったときがやっぱりちょっと手間で、お店に持ち込んで修理というわけにはいかないので、たいへんです。梱包箱はそこそこ大きいので宅急便代で1000円強はかかってしまいました。

とはいっても、このKORGのUSB MIDIキーボード microKEY-37 、鍵盤はピアノ鍵盤をそのまま小さくしたようなボックスタイプで、見た感じはとってもお気に入りでした。YAMAHAのPiaggero NP-31をそのままぎゅっと小さくした感じで、ピアノオブジェとしてもいいくらいです。さて、修理代はいくらになるやら。(最低5,000円かららしいです。)

無償修理じゃなかったら要らないかとも思ったのですが、このサイズで、鍵盤がピアノボックスタイプというのは他に選択肢がない感じです。(シンセタイプの鍵盤しかないようです。)   

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する