「ちょうちょう」と「むすんでひらいて」

きょうのレッスンでは、前回の逆さ弓で右手の弓の重心感の調整の続きで、スズキ教本1巻のさいしょのころの課題曲の「ちょうちょう」と「むすんでひらいて」を弾いてみましょうということで、CDの伴奏に合わせて先生の前で弾かせていただくこととなりました。

曲をよく聴くということを最近少し考え直しておりましたので、スズキ教本1巻のCDのお手本演奏を最初から今の課題曲までをけっこう聴き返してたりはしていたのですが、ここ2週間はこれらの曲をまったく弾いておりませんでした。

長目のスパンで振り返れば、練習時間が取れているときはかならず最初の課題曲「きらきら星変奏曲」からやり直すようにはしていましたので、復習はやっているといえばやっていると言えたかもしれません。ただし、最近はテンポアップよりは音程感重視に考えを改めておりましたので、直近で弾いていたとしても0.6倍速とかでしたので、CDの速度で弾くのは初めてでした。

とはいっても繰り返し弾いている経験値の多い曲で、本来のテンポもゆっくり目の曲ではありますので、急に弾いてもちゃんと指が覚えていることに気づきました。従来よりCDのテンポに合わせて弾くというのは自分的にかなりたいへんでしたので、急に弾いても意外と弾けたのはとってもうれしかったのです。

ちなみに10のアレグレットは練習不足がたたってまだD線をまったく見ないで押さえるのがちょっと難しいです。楽譜がちょっと目が離せないので指板の方をほとんど見れないのですが、イメージどおりに音がでないと思ってふと指板の方をちら見すると弦の上をちゃんと押させていない場合があることを目撃してしまいました。G線D線はわたし的にまったく初めてというわけでもなく、テレサ・テンさんの「別れの予感」のやさしいピアノ編曲のメロディ譜で弾いたりしていたのですが、最近は「別れの予感」を弾いておりませんでしたので、かなりぎこちない状況に陥ってしまいました。

聴くのも大事ですが、弾くのもそれなりに練習量を確保しないとやっぱりいけないですね。




関連記事

コメント

mylifewithviolinさん、こんにちは。
何度も弾いていると、指が覚えているものですよね(*^^*)。
復習もちゃんとなさっているとのこと、素晴らしいですね。私は、気が向いたときにしか昔の曲は弾きません…。笑

情報

又々関係ないコメントです。
関ジャニ仕分けが、3月21日で終わるそうです。ショックT_T
放送はあと2回ぐらいと思うのですが、内容は1回は決まっていて、
カラオケ対決ではありません。
最終回で2人の対決が見れるかどうか?
オールスターでのカラオケ対決とかあったらいいのにと思います。
バイオリンのコーナーが、見れなくなるのは残念ですね。

Re: タイトルなし

momoさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!いえいえ、わたしの場合はまだやっている範囲がほんとのスタートから近いところなので、また先に進んでいるといってもいろいろ問題を残しながら進行していることはわかっておりますので、できるかぎりシンプルな音型のうちになんとかしなければと思っております。現実問題、曲が進んでいくとそちらにせいいっいになってしまって、以前の課題曲を振り返る余裕がなくなっていくということはありそうですよね。わたしは遠い昔ピアノレッスンうけていたとき、ブルグミューラが終わったからといってバイエルを復習していたかというとやっぱりそんな余裕なかったです。

Re: 情報

yanさん、こんばんは!
コメントと速報ありがとうございます!コメントいただいてわたしも先ほど、「関ジャニ仕分け」仕分けで終了なる報道記事とか拝見しました。とっても残念です。番組の性格上「音楽番組」というわけでも、カラオケ対決ばかりでもないので、なかなか継続は難しかったのかもしれませんね。
メイさんのライブのステージ(DVDで拝見)とかで発言されていらっしゃるように、メイさんの認知度アップにはかなり貢献していただいた番組なので、わたし的に関ジャニさんのファンというわけではないのですが、番組には深く感謝申し上げます。
石川綾子さんの再出演とか別番組で同じような企画の継続は難しいかもしれませんので、いっきにバイオリンカラオケ対決次戦も現実性がなくなったのはとっても残念です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する