May J. さん「オフィシャル・スコア May J. / ピアノ・コレクション」も買っちゃいました

先日の日曜日にカワイ楽器さんに取り寄せを申し込んでおりました2月25日発売のMay J. さんのピアノ楽譜「オフィシャル・スコア May J. / ピアノ・コレクション」が入荷したとのご連絡をいただき、本日お店で買ってまいりました。


ピアノ弾けないのにピアノ楽譜買うのはちょっと気がひけるのですが、バイオリンケースしょって買いに行ったのでもしかしてこのひと両方ひけるのかしらと店員さんに思われた可能性がありますが、あいにくどちらも弾けませんので(笑)。

今回のピアノ楽譜は先週購入したヤマハミュージックメディアの「ピアノソロ/弾き語り May J. Selection for Piano」より、収録曲数も多くて18曲、お値段も税込で1944円(税抜1800円)とちょっとお安く(「Selection for Piano」は12曲で税込2000円)、お買い得な感じでした。(弾けないなら得もなにもないわけですが)
   

「Selection for Piano」と同じ曲も収録されていますが、「オフィシャル・スコア May J. / ピアノ・コレクション」の楽譜のが難しい感じです。もしもバイオリンで弾けるようになるとしたら、「Selection for Piano」の方のメロディ譜のが和音が少ないのでわたし的にはそっちのがよいかもしれません。

表紙のお写真は1月に発売されている「May J. W BEST -Original & Covers」のCDジャケットと同じものなのですが、例によって楽譜の本のサイズはでかいので、May Jさんの美しいお顔の写真が超でかいです。

背表紙はなんと、「Selection for Piano」の背表紙と同じお写真でした。意外。出版社は違うのですがありなのでしょうか?といっても「May J. W BEST -Original & Covers」まだ買っていないのでわからないのですが、その中のリーフレットなどに使われているものなのかもしれません。

表紙を開くと、背表紙のお写真のポートレートカットがカラーで1ページ入っています。その裏がピンク色の目次となっていて、その次からふつうの印刷ページですが、May J. さんのインタビュー記事がかなり小さい活字でびっしり1ページ内にレイアウトされています。

楽譜は、「Selection for Piano」のが音符のサイズがちょっと大きくてそっちのが見やすいです。「オフィシャル・スコア May J. / ピアノ・コレクション」はちょっと上級者向けという感じですかね。ヤマハさんの方は中級者というグレード案内がありますが、ドレミ楽譜出版さんのこちらは特にないようです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する