2日前の朝の出来事

毎日続けているトレーニングとしては複式呼吸とローランドのボイストレーナ(ボイスチューナー)VT-12に対してA音(A4 442Hz)に合わせられるか毎朝発声をチェックすることくらいですが、先日の木曜の朝、ついにAに合わせることができました。

2月の3日ごろ、初めてA#がちょっと光るAに初めて合わせられるようになった後、ずっと安定していたかというとそういうわけでもなく、ひどいときはB#だったりGだったりというときもあったので、2回目のほぼAという状況もその後数回という感じでした。ですので、今回もたまたまAに入っただけともいえるのですが、自分的にはうれしかったです。

まだ安定はしていないことはわかっておりますので、たぶん翌日は連続してAに入ることはないだろうと思ってしまっていて、うれしさ半分疑い半分だったのですが、実際のところ金曜日はA#くらいでした。

そして本日の土曜の朝だったのですが、2回目のAに入ることができました。

はずした場合でもAに入れていくということを繰り返していると、なんとなくですがこんな感じの(自分の)声の高さがAかなというのが、だんだん覚えてきているような気はします。

バイオリンはあまりうまくなっていませんが、A線とE線上で音程をはずした位置を押さえてしまった瞬間はなんとなくずれていることがわかるような気がしてきてはおります。すぐに修正できたりはまだできないのですが、とりあえず音の高さには多少敏感になってきたような気がします。(気がしているただけで、実際のところそうなっているかどうかは不明です。)

声で出して入れるというのは聞いて音の高さを当てるというのと違って、自分の声のコントロールの出来不出来の問題もあるので、ほんとうは聞いて当てることに集中した方がよいのかもしれませんね。とはいってもこの方法で2か月くらいは続けてしまったので、半年後とか1年後とかどうなるか経過を見ていきます。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する